このページをクリップ

詳しい内容についてはこちらのPDFファイルをご覧ください>>

阪神の2番に秀太選手が・・・1軍にいるんじゃなかったっけ。実力からすると1軍にいてもおかしくないと思うんだけど。気の毒です。

阪神の先発は気になっていた能見投手です。1軍であまり良い結果を残せなかったからちょっと心配です。

その他に気になったのは、最近藤原選手がセカンドを守っていることです。去年はサードを守っていたのですが、なぜでしょう?

それにしても広島カープの1番が東出選手とは・・・高卒で入団してスグに1軍でバリバリのレギュラーをはっていた選手じゃないですか。なんでこんなところにいるのか不思議です。


本日の試合は、阪神タイガースが5-3で勝利。これで私が今年見た3試合は全て勝利です。たった3試合だけですけどね。

それだけ阪神タイガースの2軍も強いということでしょうか。

数年前のように1軍にいてもおかしくないベテラン選手ばかりで勝つわけではなく、若手の選手を主体としてチームを作っていきながら勝っているから良いですね。

序盤(初回〜3回)

阪神先発の能見投手はヒットを打たれるものの併殺打で切り抜けて順調な立ち上がり。広島先発の右腕森投手は初回に2本のヒットで先制点を奪われて苦しい立ち上がり。 能見投手は時々四球を出すのでそれほど安定したピッチングではないみたいでした。でも三振を奪っていたので出来としては結果的には良いのかもしれません。

2軍の4番喜田選手
私が2軍の選手を見ている中で喜田選手は一際大きく立派な体に見えます。

今年私が見た3試合でもバッティングでよいところを見ていますし、早く1軍に上がって多くの経験を積んでいって欲しいものです。

ちょっと残念なプレー
2回裏に筒井選手からの攻撃だったのですが、結果的に三振だったのですがキャッチャーがボールを逸らしているのに気がつかずにベンチに帰っていってしまいました。振り逃げで1塁に行けたのに・・・

味方ベンチからも軽くやじられていました。

逆に広島の森投手は初回は点を取られたけど、その後は何とか踏ん張っています。

中盤(4回~6回)

能見投手も徐々に本来の力を発揮して広島打線を抑えていましたが、広島の森投手が踏ん張ってきて流れが変わりつつあるのか5回表に広島の4番比嘉選手にホームランを打たれてしまいます。

相手に傾いた流れを引き寄せる!!
点を取られてスグ5回裏に阪神も赤松選手のショートゴロを東出選手の送球エラーというか審判がアウトをセーフにしてくれたプレーとお待ちかねの盗塁とヒット2本で2点を奪って突き放します。

さらに突き放す6回裏の攻撃!!
6回裏の先頭は怪我でリハビリをしていた桜井選手が代打で出場です。

昨年のオープン戦は大活躍だったのに2軍で育てるという方針が悪かったのかその後の怪我で復帰が遅れてましたが、やっと実戦で見る事ができました。

結果は見事ライト前ヒットでしたが盗塁失敗で残念!!。

でもその後四球と狩野選手の2ベース、赤松選手のレフと前ヒットで2点を追加して安全圏といった感じになってきました。
この後赤松選手は盗塁を試みますが失敗です。残念

終盤(7回~最終回)

4点差で残り3回ということは楽に勝てるかなと思い出した8回表からピッチャーが能見投手から牧野投手へスイッチ。

四球を出して盗塁をされますがその後を抑えて残るは9回の広島の攻撃のみです。

吉野投手大丈夫???
8回裏の阪神の攻撃も簡単に終了して、9回表の阪神のピッチャーは吉野投手・・・。本当になんでこんなところにいるのか不思議な感じがしてならないのですが先日のドラゴンズ戦は格の違いを見せてぴしゃりと抑えていましたから今回も簡単に料理して試合終了だろうと思っていました。

が、始まってみると内野安打を打たれた後に1アウトを取って3連打、2アウトを取った後またヒットを打たれてしまい1点を失ってなお満塁の場面で降板でした。

吉野投手は本当に大丈夫なのか?ピッチングを見ていると追い込むんだけどファールで粘られて結局ヒットを打たれているような感じです。本当に心配です。

最後はダーウィン投手です。満塁でダーウィン投手を出すのか?(ダーウィン投手はそんなにコントロールの良いピッチャーではありません)と思ったら案の定先頭バッターにワイルドピッチで1点献上。

でも、その後はなんとかサードゴロに打ち取って試合終了です。なんか後味の悪い試合の終わり方でした。

気迫の投球 桟原投手
やはり8回裏の3点勝ち越して、阪神は9回から投手に桟原投手をマウンドへ。

1球ごとに声を出して、打者を睨みつけながらの気合の入った投球で中日の攻撃を三者連続三振に退けて勝利。

この試合を振り返って

この試合でよかったところといえば、能見投手がとりあえず内容はともかく1失点で7回を投げられたということ。赤松選手の盗塁とタイムリーヒットが見られたことと、桜井選手の実戦が見られてなおかつヒットも見られたことです。

反対に悪かったところは、やはり最終回の吉野投手でしょうか。本当に心配ですね。単に調子が悪かっただけなら良いのですが、もし1軍に上がれないので緊張の糸が切れてしまったのではもったいないと思います。

それと、これからの阪神の外野の守備はどうなるのだろう?
(レフト)桜井選手、(センター)赤松選手、(ライト)林選手なのかな? 桜井選手はまだ万全じゃないからスタメンではないかもしれないか・・・

とにかく今後の若い選手の活躍もおもしろそうです。

  • サイト
  • facebook
  • twitter

PCからタブレット、スマホまで対応いたしました。ガラケーもとりあえず対応しております。

終盤期待する若手選手は?


* (1票)

* (票)

* (票)

* (票)

* (票)

阪神タイガース2軍鳴尾浜情報の新着画像