このページをクリップ

インターネットでもいか焼き購入可能!【阪神百貨店】


ウェスタンリーグ・2009年シーズン開幕です。

今年は鳴尾浜球場からの開幕で対戦相手は中日ドラゴンズ。
結果は6-1で見事な逆転勝利です。
1軍はオープン戦で苦しんでいますが、2軍はいい形でシーズンのスタートを切ることができました。

スタメンについて

スタメンを見て、おや?と思ったのは1番に上本選手がいるところ。これは2軍でしばらく使っていくのか?1軍での開幕はどうなのか?

上本選手以外は育成枠のルーキー、野原祐選手が先発で起用されているところと先発がキャンプ中に評価の上がっていた小嶋投手が2軍の開幕投手に抜擢されたところが注目点でしょうか。

後はキャンプ早々に故障したバルディリス選手の回復具合、小宮山捕手の成長具合も見てみたいところです。

静かな中盤までの戦い

序盤から中盤までは両チームとも開幕の緊張からなのか?打線が非常に寒〜い内容となって3回裏までは走者が出ません。両チームの先発投手は小嶋がややコントロールの面で、佐藤充よりも不安定な感じがしました。
3ボールになる場面が多く見られていました。とりあえず抑えていたという感じです。
佐藤充投手はコントロールもよく序盤は危なげない感じがしました。

試合が動き始める中盤

最初に点を取られたのは小嶋投手です。4回表先頭打者にこの試合の初安打を打たれてセットポジションからの投球になったとたんにコントロールが乱れ始め、1点を失います。が、このチャンスに中日打線が今ひとつつけ込めずに1点で攻撃終了。この1点で終わったことが後々響いてきます。

対する阪神打線は5回にようやく先頭のバルディリス選手がチーム初安打を放ち、安打、送りバントの後野原祐の目の覚めるような本塁打がバックスクリーン右に飛び込んで一気に逆転です。その後初球打ちの連打と上本選手のサードゴロの間に1点が加わり5回だけで4点が入りました。

結局小嶋投手が5回で降板となりましたが、1軍で活躍するにはもう少し時間がかかりそうな感じですね。セットポジションになった時に不安定なところが見られるので、それがなくなれば能見投手のようになれるのではないでしょうか。

  • サイト
  • facebook
  • twitter

PCからタブレット、スマホまで対応いたしました。ガラケーもとりあえず対応しております。

終盤期待する若手選手は?


* (3票)

* (票)

* (票)

* (1票)

* (票)

阪神タイガース2軍鳴尾浜情報の新着画像