7月18日の阪神タイガースの2軍の対中日ドラゴンズ16回戦を振り返っての感想

対中日ドラゴンズ16回戦を振り返って


home
2軍戦観戦記
2009後半
└対中日ドラゴンズ16回戦を振り返って

対中日ドラゴンズ16回戦を振り返って

先発の阿部投手はイニングごとに良かったり悪かったりがあって微妙という所でしょうか。

6回に連打を食らったのは配球に問題があったのか?それともスタミナのか?素人の私にはよくわからない所です。

どうも今日は継投が両チームともあまりうまくいかない試合になってしまいましたね。

中日は要所で記録に現れないミスが出てしまい、それがことごとく失点につながりました。

阪神は投手がピンチを招くものの後を継いだ投手がなんとかピンチで踏みとどまって失点につながらなかったという感じです。

この試合で印象に残ったのはバルディリス選手ですね。守備でも微妙なあたりのハーフライナーを飛びついて取ってみたり、チャンスでのタイムリー2ベースヒットだったりと2軍に降格したものの常に前向きな姿勢が見て取れます。

やはりハングリー精神なんでしょうかね。他の若手にも少しは見習ってほしいです。

さて、この試合では守備で観客のわくシーンがいくつかありました。7回裏、野原将選手の1塁ファールフライを中日の新井選手が追いかけて見事にカメラマン席に飛び込みながらもキャッチしてアウトにしたシーン、阪神の高橋勇選手が堂上剛選手のライトライナーを頭から突っ込んでキャッチしたシーン。共に生き生きとしたシーンで1軍の阪神戦ではあまり見かけないシーンで観客席から両選手に拍手がわき起こっていました。

これで、阪神は2位中日に対して3.5ゲーム差をつけて首位を維持しました。優勝目指して頑張ってほしいですね。


2軍の7/18の試合結果は阪神タイガースの球団サイトで>>

twitterでつぶやく

このページをクリップする。
△ページのトップへ


終盤期待する若手選手は?

終盤期待する若手選手は?


* (1票)

* (1票)

* (4票)

* (1票)

* (票)


ご選択下さい


阪神タイガース2軍鳴尾浜情報
2軍戦観戦記
鳴尾浜球場情報
甲子園球場情報
今季・来季への期待
私の阪神ファン歴
阪神タイガースグッズ
1軍戦の感想
選手データ
お気に入り
アンケート結果
サイトマップ
お問合せ

twitterやっています。
Copyright© 2005-2017
HiroshiFujii AllRightsReserved