ウェスタンリーグ公式戦 4月9日対オリックス戦の観戦記(中盤)

対オリックス03回戦(中盤)


home
2軍戦観戦記
2009シーズン
└対オリックス03回戦(中盤)

対オリックス03回戦(中盤)

オリ先発の光原投手が初回だけの乱調で6失点でリードを奪った訳ですが、その後打線が沈黙してしまい、この後の点をどちらかが奪うことで試合が動くと思っていました。がその通りとなってしまいました。

阪神先発の簫投手は結局5回を投げ抜いて無失点で降板です。良い投球だったのでこの後数回2軍で先発した後に1軍に上がるのではないでしょうか?

走者を出した時の投球がもう少し見てみたかったですが、また次の機会ですね。

投手陣

阪神は5回で簫投手がお役御免となりました。

見た目だけの判断ですが、直球もある程度のスピードも出てましたし、右打者の外角へのコントロールも良かったと思います。

ただ、走者を出した時に間合いがかなり長くなったりしたのがちょっと気になりましたが、いずれも併殺で切り抜けてますので、野手のリズムを悪くするというほどでは内容ですね。早く次の登板を見てみたいですね。

6回からは横山投手が登板となったのですが、かなりの乱調で結局送りバントの1アウトを取っただけで1点取られて1アウト2、3塁というピンチで降板。続く中村泰投手は2アウトまでこぎ着けますが、パスボールで失点しました。

現在育成枠の中村泰投手ですが、今日の投球を見てる限りではちょっとしんどいかな・・・という感じですね。コントロールが定まっていないようです。

野手陣

中盤の阪神打線はまったくダメですね。6回に上本選手がショート内野安打で出塁したのみ・・・

結局6回にオリに点を入れられて、ムードがオリに流れてしまいました。

これってなんなんでしょうね?1軍でも勝ち試合なのに、打線が完全に沈黙して後半完全に相手ペースになってしまうということが多々あります。正直次の試合に悪い影響が出ると思うんですがね・・・

twitterでつぶやく

このページをクリップする。
△ページのトップへ


終盤期待する若手選手は?

終盤期待する若手選手は?


(票)

(票)

(票)

(票)

(票)


ご選択下さい


阪神タイガース2軍鳴尾浜情報
2軍戦観戦記
鳴尾浜球場情報
甲子園球場情報
今季・来季への期待
私の阪神ファン歴
阪神タイガースグッズ
1軍戦の感想
選手データ
お気に入り
アンケート結果
サイトマップ
お問合せ

twitterやっています。
Copyright© 2005-2017
HiroshiFujii AllRightsReserved