4月10日の阪神タイガース対広島カープの1回戦の観戦記(中盤)

対広島カープ01回戦(中盤)


home
2軍戦観戦記
2009シーズン
└対広島カープ01回戦(中盤)

対広島カープ01回戦(中盤)

昨日のオリックス戦の2回からほとんどヒットすら出ていない状況です。

なんとか中盤は広島の投手陣を打ち崩してほしいのですが、なかなかうまく行きませんね。

投手陣

若竹投手は初回の乱調から立ち直っていましたが、6回に捕まってしまいます。

5回裏の攻撃で代打になるのかなと思っていましたが、そのまま打席に送られて、6回表の投球は4連打を食らって降板となりました。

若竹投手の後を継いだのはロッテを自由契約になって今年から阪神のユニフォームを着ている木興投手です。左腕投手でやや荒れ球系の投球のようです。

結局無死1、2塁の場面からの投球となりましたが、パスボールで走者が進んで犠牲フライで失点という形になりました。その後の打者は抑えてなんとか踏みとどまったという感じですね。

野手陣

相変わらず広島先発の青木高投手の前にチャンスが作れません。

4回にやっと先頭打者の藤原選手のライト前ヒットが初安打でした。6回に結局この日唯一のチャンスとなる高橋勇、大和選手の連打で作った無死1、2塁も後続が倒れて得点できませんでした・・・

正直、1軍の試合と同じような感じなっていますね。もう少し打ってくれると良いのですが・・・

twitterでつぶやく

このページをクリップする。
△ページのトップへ


終盤期待する若手選手は?

終盤期待する若手選手は?


(票)

(票)

(票)

(票)

(票)


ご選択下さい


阪神タイガース2軍鳴尾浜情報
2軍戦観戦記
鳴尾浜球場情報
甲子園球場情報
今季・来季への期待
私の阪神ファン歴
阪神タイガースグッズ
1軍戦の感想
選手データ
お気に入り
アンケート結果
サイトマップ
お問合せ

twitterやっています。
Copyright© 2005-2017
HiroshiFujii AllRightsReserved