2010年の阪神のドラフト

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週は星野前SDの楽天監督就任やドラフトが行われて、イベント一杯の阪神タイガースでした。

星野前SDに関しては、阪神の監督を辞任された時の理由、体調面での不安ということがどうなったのかが気がかりですね・・・

確か、最後のシーズンは相当厳しかったような記憶があります。試合中にベンチ裏で横にならないといけないくらいだった時もありましたし。現在はどうなっているのでしょうか?

島野さんもおられませんし、田淵さんがヘッドだとストレスがたまることが阪神時代とは比べ物にならないくらい多くなるでしょう。体調だけには十分注意して欲しいですね。

阪神のドラフトですが、又外しちゃいましたよ!一位指名を!

まぁ以前にも松井秀喜選手のドラフトの時に残り2枚で外したこともある球団なのでそれほど落胆はありませんがね。この球団はドラフトに関してはまったく運がないようです。

阪神百貨店だけのオリジナル阪神タイガースグッズ


で競合で大石投手を外した後に指名したのが榎田投手(東京ガス 左投げ)。

映像などを見ても本格派という感じではないので、プロとして通用するのかという感じはしますが、即戦力としてローテーションで活躍して欲しいですね。

さらに、驚いたのが2位指名で一二三投手を指名できたこと。甲子園で活躍した投手(準優勝)の指名なんていつ以来やろう?と思ってたら中西2軍コーチ以来なんですって。

よくもまぁこんな投手がウェーバー順なのに残ってましたね。ラッキーでした。

中西コーチの指名から今年まで、いかにくじ運がなく、積極的に高校生投手の獲得してこなかったのがわかりますね。

また、今年の阪神のドラフトで特徴になっているのが、ドラフト指名の5人中3名が高校生。育成枠も入れると6名になります。

やはり昨年のドラフトで指名した秋山投手の活躍があったことで高校生に注目したんでしょうか?ちょっと安直な考えな様に思えますが・・・

とにかく、ドラフト指名した選手が全員快く入団できればいいですね。そして来年には全員が活躍できることを祈っています。




カテゴリ

その他

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2010年の阪神のドラフト

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hirx2.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/860


コメントする

当サイトの更新情報はRSSで配信してます。feed RSSはこちら>>
よろしければご使用のRSSリーダーにご登録ください。
My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader はてなRSSに追加